2018年07月30日

就業率

日本では、今後、深刻な人手不足が
予想されており、多くの人が労働市場に
出てこなければ、業務が回らなくなるという
事態も考えられるそうです。

しかし、何割の人が働きに出ているの
かという数字は、地域によって差が
あるようです。

日本では専業主婦世帯が多く、
全員が働くというイメージはありませんが、
実態はまったく逆だそうです。

先進諸外国と比較すると日本の
就業率はかなり高く、どちらかといえば
老若男女問わず働いている社会だそうです。

それでも、どのくらいの人が働きに
出ているのかという割合は地域によって
大きな差があるそうです。

総務省の就業構造基本調査結果によると、
日本の有業率(統計が違うので用語が
違っていますが、就業率とほぼ同じです)は
76%ですが、もっとも高い福井県は80.3%に
達しているそうです。

福井県は以前から有業率が高い県として
知られており、子供の面倒は祖父母が
見るケースが多いといわれています。

2位は山形県、3位は富山県、4位は島根県、
5位は長野県ですから、首都圏や関西圏から
離れた地域の方が、有業率が高いという
傾向があるそうです。

多いですね。
働く場所もあるのはよいと思います。
もう、男女の区別なく働く社会に
なっています。


posted by masa at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする