2018年12月19日

夜間無人スーパー

日本初の“夜間無人店舗”スーパーが誕生したそうです。

スーパーマーケットの「トライアル」などを
運営する株式会社トライアルカンパニーです。

12月13日、最新テクノロジーを活用した
「トライアル Quick 大野城店」を福岡・大野城市に
開店。

24時間営業のうち、午後10時〜午前5時の
間は売り場に店員がいない状況で営業するそうです。

大野城店は同社ブランド「Quick」の第1号店。
仕事終わりの共働き世帯が気軽に訪れ、
「家事の時間を “Save”(節約) できる店」を
コンセプトに考案されたそうです。

夜間の無人営業を可能とするのは、
スマートフォンを活用したキャッシュレス決済などの
最新テクノロジーだそうです。

同店では、昼間は通常のスーパーマーケットの
ように入店可能だが、午後10時〜午前5時の間は、
店舗入口の専用端末に同社の専用スマートフォン
アプリ「トライアルお買い物アプリ」か
会員カード「トライアルプリペイドカード」を
かざさなければ入店できなくなるそうです。

売り場では全ての商品に電子タグが
取り付けられ、AI機能を搭載した
カメラ約200台で商品の在庫状況や
顧客の動向を把握。

顧客は「トライアルお買い物アプリ」や
タブレットが付属した決済機能付き
レジカート、セルフレジで商品の
バーコードを読み取り、決済することで
商品を購入できるそうです。

すごいですね。
小売りもどんどん進化しています。
無人で店舗運営ができる時代がきています。


posted by masa at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする