2019年01月09日

ゴーン容疑者

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者です。

8日に東京地裁で行った主張について、
日産側は発言内容に目立った新事実は
なかったと受け止めているそうです。

ゴーン容疑者は意見陳述で「人生の20年を
日産の復活にささげてきた」と、これまでの
貢献を強調したが、日産関係者は「われわれの
立場はこれまでと変わらない」と強調。

ゴーン容疑者とはすでに決別したとの
立場をとっているそうです。

8日午前、ゴーン容疑者の意見陳述の
成り行きを見守る日産社内は緊張感で
張り詰めた。

しかし発言内容が伝わると、「報道などで
今までに出ていたこととあまり変わらず、
サプライズはなかった」(関係者)との声も。

仏紙に掲載されたインタビューでゴーン容疑者の
息子が「父の反論に誰もが驚くだろう」と
述べており、日産側も身構えていたからだそうです。

検察が証拠を押さえていますからね。
ゴーン容疑者は厳しいでしょうね。

奢れるもの久しからずです。

posted by masa at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする