2019年08月15日

NYダウ反落

14日のニューヨーク株式市場です。

ダウ平均株価(30種)は大幅に値下がりし、
終値は前日比800・49ドル安の
2万5479・42ドルでした。

下げ幅は今年に入って最大だそうです。

債券市場で「長短金利逆転(逆イールド)」と
呼ばれる、将来の景気悪化の予兆と
される現象が起きたことで、景気後退への
懸念が再燃。

投資家がリスクを回避しようと
株を売る動きを強めた。

情報技術(IT)企業の銘柄が多い
ナスダック店頭市場の総合指数の
終値は、242・42ポイント安の
7773・94だったそうです。

大幅下落です。
米中摩擦の影響が大きいようです。
日本企業の業績がよくないですね。

posted by masa at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする