2019年10月11日

セブン&アイ・ホールディングス

セブン&アイ・ホールディングスです。

10日、国内コンビニで今後1000店舗の
閉鎖・移転を実施することなどを含めた
事業構造改革を発表したそうです。

2022年度までに自然減を含めて、
そごう・西武1300人、イトーヨーカ堂で
1700人の計3000人の削減に踏み切る。

国内コンビニは、人手不足や人件費上昇など
経営環境が厳しくなっている。
このため、加盟店が本部に支払うロイヤルティーを
引き下げ、加盟店の収益を支援することを決めた。
加盟店1店あたりの利益は年間で平均約50万円
改善する一方、本部利益には約100億円の
マイナスの影響が出るそうです。

併せて、約1000店舗の閉鎖・移転を
実施するなど、不採算店舗の閉店を加速させる方針。

イトーヨーカ堂では、33店舗で内外企業との
連携や閉店を検討する。
また、2022年度末の従業員数を2018年度末に
対して1700人削減する。

百貨店事業では、西武百貨店とそごうで合わせて
5店舗を2021年2月までに閉鎖、2店舗の
売り場面積を縮小する。
人員については、2022年度末に
18年度末比1300人削減するそうです。

売り上げや利益は上がっていますが、
コンビニも百貨店も減らしてゆくのですね。
それだけ、今後は厳しいということです。

時代が変化しています。

posted by masa at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする