2020年02月05日

中国人の予約

栃木県那須塩原市の複数の温泉旅館で
1月下旬以降、予約客から中国人の
宿泊予約の有無を尋ねる電話が
相次いでいるそうです。

現在予約がなくても、予約があれば
断れないなどと回答すると、
キャンセルされたケースも。

新型コロナウイルスによる
肺炎の感染拡大を懸念した
キャンセルとみられ、旅館側が
頭を悩ませているそうです。

「中国のお客さんから予約が入っていますか」。
塩原温泉郷の「松楓楼松屋」に今月に入り、
予約客からこんな電話が入った。
「今のところありません」と答えると、
「本当ですか」と確認され、「これから
中国人の予約が入った場合は断るか」と
問われたという。
旅館業法上、明確な理由がある場合を
除いて宿泊拒否はできないことを
伝えると、「それでは取り消します」と
キャンセルされたそうです。

ほかにも中国人の宿泊予約の有無を
確認する電話が2件あり、同様の対応を
取ったところ、電話を切った後に
インターネットを通じてキャンセル
されたという。

仕方ないですね。
もともと、中国人が多いと一緒に泊まりたくないですね。
ましてや、新型肺炎があります。
ホテルや旅館は、大変ですね。



posted by masa at 09:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする