2020年02月08日

ギョーザ購入額

総務省が7日に公表した2019年の
家計調査で、前年日本一だった
浜松市の世帯当たりのギョーザ
購入額が2位となり、ライバルの
宇都宮市に首位の座を明け渡したそうです。

調査はスーパーなどで購入した調理済みの
ギョーザが対象で、冷凍食品や外食は含まない。

浜松市は3506円で、前年より5円
増えたものの、2年連続の日本一を
逃した。

一方、宇都宮市は1118円増の4359円。
まちを挙げたキャンペーンが奏功したと
みられ、年間を通じて浜松市を
リードした。
3位は京都市で2790円だった。

7日午前、中区の遠鉄ストアフードワン
東伊場店で総菜のギョーザを購入した
主婦(45)は「ギョーザの街という
イメージがあったのでちょっと残念。
来年日本一になれれば」と語った。

毎年、競争が激しいですね。
今回は宇都宮ですか。

posted by masa at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする