2020年03月12日

NY株式

11日のニューヨーク株式相場は、
新型コロナウイルスの世界的な
感染拡大による景気悪化への懸念や
米政府による景気対策の先行き不透明感から、
大幅反落しました。

優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前日終値比1464.94ドル安の2万3553.22ドルで
終了した。

終値の下げ幅は過去2番目の大きさ。

取引時間中には一時1600ドルを超え、
全面安の展開となった。

ハイテク株中心のナスダック総合指数は
392.20ポイント安の7952.05で終わった。

ダウ平均は最高値を付けた2月12日の
2万9551.42ドルから下落率が2割を超え、
「弱気相場」入りした。

ニューヨーク証券取引所の出来高は
前日比1億0773万株減の18億1639万株。

米ジョンズ・ホプキンス大学によると、
新型コロナの感染者は12万人を突破した。

米国でも1000人を超え、急速に拡大。
集会やイベントを控える動きが広がるなど、
経済活動の縮小が景気悪化を招くとの
懸念が高まっているそうです。

日本も含めて世界中で広がっていますね。
大変になりそうです。

困りましたね。




posted by masa at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする