2020年03月19日

経済対策

与党は、新型コロナウイルス感染拡大に
対処するため4月にも策定する緊急経済対策に
ついて、事業規模約26兆円だった昨年末の
経済対策を大幅に上回る30兆円超の
規模とするよう政府と調整に入ったそうです。

感染がパンデミック(世界的大流行)と認められ、
国内経済も深刻な事態に陥る懸念が強まり、
国民への現金給付による直接支援を柱に
対策の検討を急ぐそうです。

政府は昨年末の経済対策で約13兆2000億円の
財政支出をしたが、与党幹部によると、
今回はこれを上回る支出規模になるという。

安倍晋三首相と自民党の岸田文雄政調会長は
18日夜、東京都内のホテルで会食し、
緊急経済対策などをめぐって意見交換した。

岸田氏はこれに先立つ16日の記者会見で、
政府が昨年末に決めた事業規模約26兆円の
経済対策に比べ「はるかに超える規模が
求められている」と強調した。

「支援が直接、国民の手に届く施策が
求められている」とも語り、全ての
国民への直接の支援策として現金給付を
示唆したそうです。

トランプ大統領も対策が早いですが、
安倍首相も早いですね。
それだけ、大変な時期です。

株価がまた落ちています。



posted by masa at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする