2020年03月23日

沖縄の感染

新型コロナウイルスの感染が
1カ月間確認されていなかった沖縄県内で、
新たな感染が確認されたそうです。

県が警戒していた県外からの持ち込み事例。

県内の緊張は再び高まることになったそうです。

10代女性ら一行が成田空港に
到着したのは20日午前9時半だった。

一行が訪れていたのは政府が入国制限対象地域に
指定し、訪問者全員に新型コロナ感染検査を
実施していたスペインのマドリード。
成田空港検疫所は検査結果が出るまで
一行に空港内待機を要請した。

しかし要請はあくまで「お願いベース」と県。
強制力はなく一行はそのまま沖縄に移動した。

県保健医療部の砂川靖部長は、一行ら
家族への直接の聴き取りはまだとしつつ
「乗り継ぎ便が決まっていたことが大きかったのでは」とみる。

検査結果が判明したのは20日午後11時ごろで、
要請に従えば一行は空港内の指定スペースで
ほぼ1日待機しなければならず、
乗り継ぎ便をキャンセルする必要があった。

航空便変更や宿泊費用は自腹で、さらに
検査で陰性でも、2週間、自宅などでの
待機が必要となる。

公共交通機関を使わなければ
帰宅できない今回のような事例は、
2週間分の宿泊費用も自腹で
負担しなければならない可能性もあったそうです。

でもですね。
既に、世界中で新型肺炎が広がっていました。
それでもスペインに行くのであれば、リスクは
覚悟すべきです。
費用も負担すべきですよ。
当然です。




posted by masa at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする