2020年04月03日

航空業界

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が、
航空会社の経営に大きな打撃を与えているそうです。

入国制限や国内移動の自粛で需要が
大幅に落ち込み、路線の縮小が
止まらない。

国内航空最大手の全日本空輸を傘下に
持つANAホールディングスの
片野坂真哉社長は2日までに、産経新聞の
単独インタビューに応じ、国内航空業界全体の
年間の減収が2兆円に達するとの見通しを
示したそうです。

雇用への影響も表面化し、戦後最大の
逆風を「厳しい覚悟」で臨む構えだ。

国内の航空会社で構成する定期航空協会
(会長=平子裕志全日本空輸社長)は、
3月23日に官邸で開かれた「集中ヒアリング」で、
2〜5月の減収を4千億円と試算。
今年1年間に1兆円規模の減収が見込まれるとの予測を発表した。

利益が出なくても倒産しませんが、
現金がないと、すぐに倒産します。
その準備をおこなっておく必要が
あります。
資金繰りですね。



posted by masa at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする