2020年05月12日

三菱スペースジェット

三菱重工業(7011)は5月11日、子会社の
三菱航空機が開発中のリージョナルジェット機
「三菱スペースジェット(MSJ、旧MRJ)」の
開発費について、今年度は前年度の半分にあたる
600億円程度に圧縮する方針を明らかにしたそうです。

また、北米市場向けの70席クラス「M100」は
検討作業を見合わせ、新型コロナウイルス
収束後の市場動向を見極める。

MSJは、2019年6月にMRJから名称を改めた
リージョナルジェット機。MRJ時代のラインナップは、
メーカー標準座席数が88席の標準型「MRJ90」と、
76席の短胴型「MRJ70」の2機種構成だった。

改称後はMRJ90を「SpaceJet M90」に改め、
北米市場に最適化した機体サイズの70席クラス機
「SpaceJet M100」をM90を基に開発する計画だが、
検討作業を見合わせる。

開発がどんどん遅れています。
今回の新型コロナで、航空機産業は、
ボロボロですね。

この時点での販売はないですね。
何回も納期がずれていました。
運がないですね。



posted by masa at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする