2020年05月14日

消えた広告

新型コロナウイルスの感染拡大が、
駅や電車で目にする広告にも影響を及ぼし
始めているそうです。

外出機会の激減で従来の宣伝効果が
得られないことに加え、宣伝の自粛や
施設の休業で広告出稿が取り下げられる
ケースも。

関係者からは「広告業界全体にとって
大打撃だ」と悲鳴が上がる。

以前は若者でにぎわっていたJR渋谷駅。

閑散としたハチ公像前から駅舎を見上げると、
最初に目に入る広告スペース「ハチコーボード」が
真っ白になっていたそうです。

数十メートルにわたる駅コンコースの
壁面広告や、ファッションビル「SHIBUYA109」
周辺の看板も少なくなり、周辺の風景は
感染拡大前と比べ様変わりしている。

縦4メートル、横20メートルのハチコーボードは、
テレビ中継にもよく登場する人気広告スポットだ。

ジェイアール東日本企画によると、広告掲出料は
1週間で税別800万円。それでも以前は枠が
取り合いになるほどだったが、4月20日から5月17日まで
4週間連続で広告出稿がなく、「これほど枠が
空いたのは過去記憶にない」(担当者)そうです。

コロナの影響がいろいろなところに
広がっています。
広告もださないのですね。
すごいですね。
どこまで広がるのでしょうか。




posted by masa at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする