2020年05月21日

ロールス・ロイス

英航空機エンジンメーカーのロールス・ロイスは
20日、全世界の従業員5万2000人の
うち少なくとも9000人を削減する方針を
明らかにしたそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大を
受けた航空業界の大幅な市場縮小に
対応するためで、工場の閉鎖も
検討しているそうです。

ロールス・ロイスは、航空宇宙分野で
年間売上高の半分強を稼いでいるそうです。

人員削減の規模は全従業員の17%相当で、
主に民間航空部門が対象。
年間で13億ポンド(15億9000万ドル)の
経費削減になるとしている。
工場や不動産、資本分野でもコスト削減を図る方針。

ウォーレン・イースト最高経営責任者
(CEO)はBBCラジオに対し、
将来の需要に見合った体制にすると述べた。

声明によると、同社は組合と協議に入る。
サポート部門も削減の対象になるが、
防衛部門の人員は削減しない方針。

13億ポンドの経費削減のうち、
人員削減が7億ポンド程度を占める。

人員削減に伴うリストラ費用は約8億ポンドと
見積もっている。

厳しいですね。
航空機の売り上げが大きいのですね。
影響が大きいですね。

posted by masa at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする