2020年05月26日

緊急事態宣言解除

新型コロナウイルス感染拡大に
伴う緊急事態宣言の全国解除が決まった。

今後の焦点は、感染再拡大をいかに
防ぐかに移る。
日常生活の中で、何ができるのか。
政府の専門家会議の提言を基にまとめたそうです。

専門家会議は、宣言が出た地域で、
人と人との接触8割減など「徹底した行動変容」を
求めた。
宣言解除後は「8割減」は不要とする一方、
長丁場に備えた「新しい生活様式」が必要と指摘した。

具体的に何が求められるのか。
まずは、基本対策。人との間隔は最低1メートル、
可能なら2メートル空ける。
会話は可能な限り真正面を避け、
症状がなくてもマスクを着用し、
帰宅後は手や顔を洗う。

密閉、密集、密接の「3密」の回避は当然だが、
体温を毎朝測り、風邪症状がある際は外出せずに
自宅で休む。買い物に行く際は少人数ですいた
時間に行き、通販も利用する。筋トレやヨガは
自宅で動画を活用して行う。

などだそうです。
でもですね。

今回は、感染しても8割は問題ありません。
2割の人が症状が出ます。
騒ぎすぎです。

最初は医師会のトップでしょうか。
医療崩壊といいすぎました。
そして、マスコミが、あおって、政府の
批判ばっかりしました。

結局、感染者は減っています。
でも、あまりにもあおりすぎたので、
もう、元には戻りませんよ。
病院に行く人も減っています。
これから、外食、買い物などももどりませんね。
デフレになる可能性もあります。

マスコミが騒ぎすぎました。
景気が戻らないかも知れませんね。



posted by masa at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする