2020年06月03日

東京の感染者

東京都が2日、新型コロナウイルス感染拡大への
警戒を呼びかける「東京アラート」を
発動しました。

休業要請を業種ごとに段階的に緩和させる
第2段階へと1日に移行した矢先。

都はアラートの発動に慎重な姿勢を
取ってきたが、夜の繁華街を中心に
広がる感染を抑える必要があると
判断したそうです。

「専門家の意見も踏まえ、東京アラートを発動する」。
2日午後10時前に開かれた対策会議で、
小池百合子知事は厳しい表情でそう表明した。
同11時すぎにレインボーブリッジや都庁を
赤色にライトアップし、都民に発動を周知した。

都が感染者が増えたのに似、アラートを
発動しなかったのは、経路不明者の中には
「夜の街クラスター」との関連が疑われる人が
多いとの見通しがあったからだそうです。

2日までの1週間に確認された感染者
114人のうち約3割にあたる32人が、
休業要請が解除されていない接待を
伴う飲食店従業員など「夜の街」に
関係するという。
このうち約4割が新宿区での
感染とみられるという。

休業要請をしたのではなかったですかね。
夜の街ですか。
これから、二次感染が心配されます。

posted by masa at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする