2020年06月08日

マスク不足

新型コロナウイルスの感染拡大で一時は
店頭から消えたマスクだが、この先、
簡単に手に入るようになるのだろうか。

コロナ禍以前、日本の流通量の7割近くを
支えていた中国の生産状況は、
日本のマスク事情を大きく左右する。

浙江省嘉興市の工業団地の一角にある工場では、
フル稼働でのマスク生産が続いている。
エプロンにマスク姿の従業員たちがレーンの
上を流れてくるマスクの品質をチェックして
いく。注文増に対応するため、アルバイトも雇用した。

中国税関によると、3月1日から5月16日までに
中国から輸出されたマスクは509億枚に上る。
浙江省は1〜3月の統計でマスクの輸出額が
国内最多の一大生産拠点で、米国と日本が主な輸出先だ。

この工場はもともと米国の大手スーパーが
主な取引先で、マスクのほか芳香剤や手袋なども
作っていた。
だが新型コロナの感染が拡大した1月以降、
全ての生産ラインをマスク用に変更。
当初は国内向けだったが、国内の感染状況が
落ち着いた2月下旬以降は輸出向けに軸足を移した。

ただ日本でもマスクの流通量が増え始め、
一部では値崩れも起きている。
経営者は「(ウイルスの)遮断率95%以上の
高品質保証をしているので値崩れは心配していない。
ただ、日本は飽和状態になりつつあるので、
米国に軸足を移そうと思っている」と話しているそうです。

日本は、高くても日本製品を購入すべきですね。
国民のために、マスクを生産してくれましたからね。
中国製品は、やめた方がよいと思います。



posted by masa at 08:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする