2020年06月23日

一部就労ビザ発給停止

トランプ米政権は、一部就労ビザの
発給を停止する方針を固めたそうです。

政府高官が22日明らかにした。

特殊技能職ビザ(H1B)、交流訪問者ビザ(J1)は
年内の発給を停止するほか、熟練・
非熟練労働者ビザ(H2B)も
食品サービス業を除いて発給を
停止する。

高官は、ビザの発給停止に伴い国内で
52万5000人分相当の雇用に
空きが出るとし、「米国民の迅速な
雇用確保が狙いだ」と強調した。

移民支援団体バウンドレスの共同創業者
ダグ・ランド氏は、発給停止の対象に
季節農業労働者ビザ(H2A)が含まれて
いないことから「トランプ政権の移民政策に
おいて農業利権が大きな影響力を握っている
ことがうかがえる」と述べた。

アメリカは、人種問題もありますが、
移民問題も大きいですからね。
そして、今回は雇用問題です。
国内が最優先です。



posted by masa at 08:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする