2020年06月30日

香港

ポンペオ米国務長官は29日、米国が香港に
認めてきた優遇措置の一部を終了させ、
軍民両用の技術に関する輸出を中国本土と
同様に制限すると発表したそうです。

「中国が香港を『一国一制度』として
扱っている」ことが理由。

中国による香港への国家安全法制導入の
動きに伴う対抗措置の一環で、
優遇措置見直しを続ける考えを示した。

声明では、米国は安全保障上の理由から、
香港を中国と同じように扱わなければ
ならなくなったとした上で「軍民両用技術が、
中国共産党の独裁維持を最優先事項とする
人民解放軍の手に落ちる危険を
冒すことはできない」と説明したそうです。

アメリカも徐々に規制を強めて
います。

香港のメリットがだんだん少なくなります。
どうなるのでしょうか。


posted by masa at 08:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする