2020年07月04日

公的年金

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人
(GPIF)は3日、2020年1〜3月期の運用損益が
四半期として過去最大となる17兆7072億円の
赤字になったと発表したそうです。

赤字は5四半期ぶりで、新型コロナウイルスの
流行に伴う株安が大きく響いた。
この結果、19年度の運用損益は8兆2831億円の
赤字に陥ったそうです。

1〜3月期の保有資産別の運用損益は、
外国株が10兆2231億円の赤字。

国内株も7兆4185億円の赤字を
余儀なくされた。
また、国内債も損失を計上する一方、外国債は黒字を確保した。

19年度の損失額はリーマン・ショックが
直撃した08年度(9兆3481億円)に次ぐ大きさで、
収益率はマイナス5.2%。
ただ、市場運用を始めた01年度からの
累積収益は57兆5377億円と
高い水準を維持しているそうです。

長い目で見ることです。
株も上がることもありますし
下がることもあります。
長期運用が重要です。

posted by masa at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする