2020年07月16日

Go To トラベルキャンペーン

政府の旅行需要喚起策「Go To トラベル」
キャンペーンが、22日のスタートを
目前に壁に直面している。

東京都を中心に新型コロナウイルス感染者が
急増しているためだ。感染者の流入を
懸念する各地の首長からは見直しを
求める発言が相次ぎ、野党も追及を
強める。

ただ、鳴り物入りで実施を決めた
政策の転換は安倍政権への打撃が
避けられず、「安倍晋三首相も
菅義偉官房長官も迷っている」
(政府関係者)のが実情だ。

「新型コロナは収束したと判断したのか」。
15日の衆院予算委員会で、国民民主党の
馬淵澄夫元国土交通相は、西村康稔経済
再生担当相に政府見解をただした。

4月に閣議決定した文書に、キャンペーンの
実施時期を「新型コロナ感染症の拡大が収束した後」と
明記していたためだ。
西村氏は「緊急事態宣言を出したときの、
あの大きな流行は収束させた」などと
苦しい答弁に終始した。

経済的には行うべきですね。
でも、感染が広がる可能性があります。

難しい判断です。
でも、誰かがしないといけません。



posted by masa at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする