2020年07月25日

セシルマクビー

1990年代中盤から2000年代の“
ギャル文化”を牽引してきたレディース
ブランド「セシルマクビー(CECIL McBEE)」を
展開するジャパンイマジネーションが7月20日、
全国43店舗のセシルマクビー直営店と
ECの展開を順次終了すると発表したそうです。

ライセンス事業は継続するものの、
渋谷のギャル文化を支えてきたブランドの
終焉のニュースに、SNS上では驚きの声と
ともに惜しむ声が多く寄せられている。

なぜ、セシルマクビーは店舗事業から
撤退するに至ったのだろうか。

同社は撤退の理由として「新型コロナウイルスに
よる生活様式や消費行動、消費者の価値の変化に
対応するため事業の再構築」を挙げる。

しかし、それ以前から業績は低迷していた。
2020年2月期の売上高は121億円(前期比9.1%減、
6期連続の赤字)で、ピークの2007年1月期の
242億円から半減しているそうです。

店舗事業からの撤退はセシルマクビーのみではなく、
「エージープラス(a.g.plus)」「ルモアーズ(Rumor.s)
「カシェック(CACHEC)」など6ブランドの事業も終了。
業績が好調な「アンクルージュ(Ank Rouge)」
「ジェイミー エーエヌケー(Jamie エーエヌケー)」
「デイシー(DEICY)」「スタニングルアー(STUNNING LURE)」の
4ブランドに事業を集約し、子会社のスタニング
ルアーの元で運営していく方針だそうです。

環境が変わっています。
時代も変わっています。

小売りはこれからどうやって
生き残るかですね。


posted by masa at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする