2021年02月24日

JTB

JTBが資本金を現在の23億円から
1億円に減資するそうです。

資本金が1億円以下になると、税制上は
“中小企業”の扱いになり節税メリットが
大きいそうです。

スカイマーク、毎日新聞社に続く、
旅行最大手の中小企業化は論議を
呼びそうだということです。

国内旅行最大手のJTBが、資本金を
現在の23億400万円から1億円に
減資することが分かった。

2月12日の株主総会で既に承認を得ており、
3月31日付で実施する見通しだ。

資本金は企業の元手であり、株主資本の
中に含まれる項目の一つだそうです。

JTBの2020年3月期の連結売上高は1兆2885億円と巨額だ。
従業員数もグループ連結で約2万7000人に上る。
常識的には、同社は大企業としか思えない。

だが、資本金を1億円以下に減らすと、売上高や
従業員数などとは関係なく、税制上は
“中小企業”の扱いになるそうです。

このところJTBと同様、大企業が資本金をあえて
1億円に抑え、税法上の中小企業になる
ケースが目立つようになっているそうです。

1億円ですか。
中小企業で税制は優遇されるのですね。
上場企業でなくなるのでしょうか。
それだけ、経営が厳しいということでしょうね。
コロナで企業が変わっています。




posted by masa at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする