2021年02月26日

ワイドショー

「この番組ではニュース、ワイドショーを
一切扱いません」

3月29日から始まるTBSの新しい朝番組
『ラヴィット!』(月〜金朝8時)について、
チーフプロデューサー・小林弘典氏が
そう宣言したそうです。

報道番組ではなく、視聴者の日常が
今より楽しくなる情報を笑いとともに
届ける“バラエティー番組”にするという。

来月に現在放送中の『グッとラック!』(TBS系)、
そして22年続いた『とくダネ!』(フジテレビ系)が
終わりを迎え、新たな番組に生まれ変わることに
視聴者の期待も高まっているそうです。

現在、平日昼間の番組を見てみると
『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)、
『ひるおび!』(TBS系)、『情報ライブ ミヤネ屋』
(日本テレビ系)……など、ワイドショー・
情報番組がとにかく多く、朝から夕方まで続く。

だが、正直どれも内容は似たり寄ったりで、
視聴者からは「つまらない」「くだらない」
「いらない」という辛辣な声が聞こえてくる。

SNSでも、番組を楽しむ声よりも、MCや
コメンテーターの発言などに対する
批判の声の方が圧倒的に多いそうです。

コロナって毎日朝から、夜までやっています。
1回聞けばよいです。
そして、毎日あおっています。
政府の批判ばっかりです。

批判より、対案や役に立つことをやってほしいですね。


posted by masa at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする