2019年10月05日

米失業率

米労働省が4日、9月の雇用統計を発表したそうです。

それによると、失業率は3.5%と1969年12月
(3.5%)以来49年9カ月ぶりの水準に低下したそうです。

景気動向を示す非農業部門の就業者数は、
季節調整済みで前月から13万6000人増加と
前月(16万8000人増、改定後)から減速。

製造業の不振が目立ち、景気腰折れに
対する警戒感が強まりそうだ。

失業率が半世紀ぶりの水準に下がった一方で、
米中貿易摩擦、世界経済の減速を受け、
企業の設備投資や生産の落ち込みなど、
米景気の一部に弱さが目立ち始めている。

連邦準備制度理事会(FRB)は29、30両日の
金融政策会合で追加利下げの
是非を慎重に見極める方針だそうです。

景気が減速しているようですが、
失業率は下がっているのですね。

これからがどうなるかですね。

 
posted by masa at 08:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

WeWork

シェアオフィス事業を手掛ける
米ウィーワークの経営陣は3日、
人員削減が今月中にも行われることを
明らかにしたそうです。

共同最高経営責任者(CEO)である
アーティー・ミンソン、セバスチャン・
ガニンハム両氏と共同創業者ミゲル・
マッケルビー氏が従業員との会合で、
経費カットの取り組みに人員削減が
含まれると述べたそうです。

会合が非公開であることを理由に出席者が
匿名を条件に語った。
出席者によると、経営陣の1人は
人員減について、できるだけ
「人間的に」実施されると発言したという。

ブルームバーグは先週、ウィーワークの
親会社ウィー・カンパニーが人員減を
検討しており、削減が千人単位となる
可能性があると伝えていた。

経営幹部は最近、分離される公算がある
事業部門を含めて、削減が約2000人に
なるとの見通しを示したと、協議に詳しい
関係者が明らかにした。

これは6月末時点の同社従業員1万2500人の
16%に当たるそうです。

協議は進行中で、数字が変更される可能性もあるそうです。

posted by masa at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

ファーウェイのスマホ

ファーウェイです。

9月19日、ドイツ・ミュンヘンで
「HUAWEI Mate 30」シリーズを発表したそうです。

その最上位モデル「HUAWEI Mate 30 Pro」は、
ファーウェイが発表したばかりの高性能チップ
「Kirin 990」を搭載し、ライカが監修する
クアッドカメラを搭載する超ハイエンドモデル。

カメラの性能を評価する専門機関「DxOMark」の
スマートフォン部門で最高得点を記録するなど、
早くも注目を集めているそうです。

超広角に対応して人気を集めた前モデル
「Mate 20 Pro」(日本ではソフトバンク版と
SIMフリー版が発売)よりも、ハイブリッド10倍
ズームを実現した「P30 Pro」(日本ではドコモが
発売)よりも、さらに性能が向上しているそうです。

OSはAndroid 10をベースとする「EMUI 10」を搭載。
これは、ファーウェイの従来モデルと同じで、
ファーウェイ独自のUIは導入していますが、
「Androidスマートフォン」と呼べる仕様です。

つまり、Mate 30 Proは「Androidだけど、
Googleアプリが使えない」という、
ユーザーにとっては不都合な仕様だそうです。

ファーウェイのOSを使えばよかったのにね。
第三のOSになるかもしれません。
これからですね。


posted by masa at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

日銀短観

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)です。

それによると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は
大企業製造業がプラス5となり、前回6月調査の
プラス7から2ポイント低下した。

悪化は3四半期連続。

2013年6月以来の低水準で、米中貿易摩擦への
懸念が産業界に一段と拡大した格好となった。

DIは業況が「良い」と回答した企業の割合から
「悪い」と答えた割合を引いて算出する。
3カ月後の見通しはプラス2で、足元から一段と
低下したそうです。

一方、大企業非製造業の業況判断DIは
プラス21となり、前回調査から2ポイント
低下した。
悪化は2期ぶりだそうです。

まだプラスですが悪くなっています。

中国の景気が落ちているからでしょうか。
でも中国の指数は、変わらないようですが。

不思議ですね。

posted by masa at 09:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

幼保無償化

幼児教育・保育の無償化が10月1日から
始まるそうです。

3〜5歳児は原則全世帯、0〜2歳児は所得の低い
住民税非課税世帯を対象に、認可保育所や
幼稚園の利用料を無料にするそうです。

子育て世帯の経済的負担を軽くして
出生率向上につなげる狙いで、同日から
始まる消費税率10%への引き上げに
伴う増収分を財源に充てる。

政府は、高齢者に手厚かった社会保障制度を
若者世代に振り向ける「全世代型」への
転換を図っており、幼保無償化はその手始めだ。

ただ、新たな保育需要を呼び起こし、
待機児童問題が悪化する恐れもある。
保育の質でも懸念が残る。

年間約300万人が対象となる見込みだそうです。

よいことですよ。
保育料金が高いので子供を制限している家庭も
いると思います。
子供はこれからの人材ですからね。
国全体でサポートする必要があります。


posted by masa at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

米上場の中国株

トランプ米政権が米証券取引所に
上場する中国株の廃止を検討していることが、
複数の関係者の話で分かったそうです。

米国から中国企業への投資を
制限するための方策の一環という。
ある関係筋は、中国の活動を巡って
トランプ政権が安全保障上の
懸念を強めている証拠だと指摘した。

ただ、具体的にどのように中国株を
上場廃止にするのかは不明。

報道を受け、ダウ平均株価<.DJI>など
米主要株価指数が軒並み下落。
中国株では電子商取引大手のアリババ・
グループ・ホールディング<BABA.N>や
京東商城(JDドットコム)<JD.O>、
検索サイトの百度(バイドゥ)<BIDU.O>
などの銘柄が4―7%値下がりした。

米議会は今年6月、米国に上場する中国企業に対し、
米当局による監督受け入れを義務付ける法案を提出した。

現状では中国の法律で監査資料の開示などが
制限されているが、同法案が成立すれば、
財務情報の開示が必要となり、
要件を満たさない企業は上場廃止処分となる。

こういうのは、発表することが重要です。
お金の調達だけではないですからね。
株があると優秀な社員が集まります。
アメリカで優秀な社員を集め、その知識を中国へ
還流します。
そういう面も大きいですね。


posted by masa at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

ジャパンディスプレイ

経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)です。

26日、中国の投資ファンド、嘉実基金管理グループから
金融支援を見送るとの通知を受け取ったと発表した。

菊岡稔次期社長は同日夜の記者会見で
「当面の資金繰りは万全だ」と強調したが、
支援の枠組みが崩壊しかねない状況に陥り、
再建の行方は再び混迷しそうだ。

菊岡氏は、嘉実の離脱について「遺憾だ。
業績を立て直して(株主らの)期待に応えたい」と
語った。
筆頭株主のINCJ(旧産業革新機構)からの
継続支援や最大顧客の米アップルとの
取引条件緩和などを挙げて「資金状況に
懸念はない」と説明した。

JDIは8月、嘉実と香港の投資ファンドで
つくる企業連合から800億円の支援を
受けることで最終合意。
嘉実はこのうち600億円強を引き受ける
計画だったそうです。

菊岡氏によると、嘉実離脱後も香港ファンドの
出資予定に変更はなく、アップルからも出資額を2億ドル
(約215億円)に倍増するとの通知を受けた。
別の取引先からの支援を合わせ、10〜11月に4億3000万ドル
(約463億円)を調達できる見通しという。
嘉実との出資交渉は続ける一方、代替調達先の確保も急ぐ。

社員が1万人もいるそうです。
多すぎますね。
そして、完全に新製品の有機ELの量産遅れですね。
経営の失敗ですね。

posted by masa at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

シャープ

シャープです。

25日、冷蔵庫を製造していた八尾工場
(大阪府八尾市)のラインを止め、白物家電の
国内生産を終了したそうです。

今年9月までに終了すると昨年8月に
明らかにしており、計画通りの終了となった。
1956年に始まった国産白物家電の63年の歴史に幕が下りた。

シャープを傘下に収める台湾・鴻海精密工業出身の
戴正呉会長兼社長の進める経営改革の一環となる。

冷蔵庫の生産は9月からタイの自社工場などに
順次移しており、コスト競争力の強化と
海外での販売拡大を図る。八尾工場の雇用は
配置転換などで維持する。
企画開発は国内で続けるそうです。

価格の問題でしょうかね。
選択と集中かもしれません。

時代の流れでしょうか。

posted by masa at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

豚コレラ感染

埼玉県は24日、秩父市で豚コレラに
感染した野生のイノシシ1頭が
見つかったと発表したそうです。

関東地方で野生イノシシへの感染が確認されたのは初めて。

県によると、19日に同市の民家の敷地内で
死にかけている野生のイノシシ(体長約100センチ)が
見つかり、県職員が20日に死骸を回収。
国が検査を行い24日に感染を確認した。

県内では今月13日に秩父市の養豚場で、
17日に小鹿野(おがの)町の養豚場で
豚コレラに感染した豚が確認されている。

県はイノシシが感染源かどうかは
「不明」としているが、発生農場の
半径10キロ以内でイノシシの感染を
調べる捕獲調査を実施しているそうです。

いろいろな場所で豚コレラが見つかって
います。
感染経路が問題です。

早急に対策が必要ですね。

posted by masa at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

カルビー

菓子製造大手、カルビー(東京)です。

自然災害に負けない生産体制の構築を
進めているそうです。

十勝地方への台風直撃で原料のジャガイモが
不足し、2017年春に主力のポテトチップスが
品薄となった「ポテチショック」の再発を防ぐためで、
ジャガイモ産地の分散化や病気に強い品種への
切り替え、担い手不足の農家支援などに力を入れているそうです。

同社が国内で調達する生ジャガイモは、8割が道内産で、
このうち6割が十勝産。16年夏に十勝で台風被害が
起きた際には、同年の道内産の収穫量が1割減り、
同社は翌17年春、ポテトチップスなど
33商品の販売休止や販売終了に追い込まれた。

ジャガイモの調達を担う子会社カルビーポテト
(帯広)は「ショック」は産地が集中していた
ため起きたと分析。

17年以降、空知地方や宮城県などの水田地帯で
ジャガイモへの転作を推進している。
全体に占める割合はまだ数%程度と
小さいものの、この2年間で空知と
宮城の生産量はそれぞれ3倍になった。

ジャガイモの品種改良にも取り組み、
初めて自社開発した新品種「ぽろしり」
の栽培も本格化。病気に強く、収量が
多いのが特長で、今年の調達量の2割強を
占める見通しのようです。

企業はすごいですね。
どんどん対策をおこなっています。
インフラもこのような対策が
できないのでしょうかね。


posted by masa at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする